本文へスキップ

細菌病

細菌病の治療と対策

細菌病とは?細菌病の症状と防除・対策。細菌病は病原体が原因で起こる野菜の病気で実は治療法がない不治の病です。





細菌病の症状と見分け方

ソラマメの細菌病症状

細菌病の症状細菌病はウイルスよりも大きい単細胞生物です。発病すると治療法がなくウイルス病同様に野菜の不治の病と言われています。

実は、「軟腐病」「青枯れ病」「斑点細菌病」「褐斑細菌病」「黒斑細菌病」「腐敗病」「葉枯れ細菌病」「モザイク病」は症状によって呼び名が違うだけでも細菌病の一種です。

病気の原因となる細菌は、実は自力で野菜の中に入ることは出来ません。葉の気孔や傷口から細菌が侵入し増殖して病気を引き起こします。






細菌病にかかる原因は?

細菌病の原因細菌病の病原体は自力で植物に入ることは出来ず、細菌は害虫がつける傷跡や吸汁跡、人間による摘葉・敵枝・収穫などの際につけた傷口などから侵入します。

細菌は雨や風に運ばれて、同じ畑の他の野菜にも感染することがあるので注意が必要です。




細菌病の対策と防除

細菌病には有効な治療薬はありません。放置しておけば良いのかと言うとそういう訳ではなく、薬剤で進行を緩めながら自然に治癒を待つという方法が有効です。

細菌は風や雨によって運ばれて他の野菜に傷口があるとそこから感染します。他の野菜に病気を蔓延させないために、症状の出ている葉や枝を早めに取り除いて、細菌を他の葉や株に伝染させないようにしましょう。

発病株がある時は害虫の駆除をしっかり行って、他の野菜への感染を防ぐようにします。野菜を収穫する時や摘葉する時は丁寧に作業を行って、必要以上に株を傷つけないようにすることも細菌病の対策に効果的です。






細菌病を媒介する害虫の駆除剤は?

細菌病に効果がある薬剤

ベストガード(粒剤)

粒剤で植え付ける前に土壌に散布して吸汁する害虫を防除する薬剤です。

アブラムシ類・コナジラミ類・アザミウマ類・マメハモグリバエ・ミカンキイロアザミウマなど吸汁する害虫に効果があります。

発生前の害虫予防に使えますし、もちろん発生してからも効果があります。残効性なので1か月~2か月ほど効果が持続するので使用回数が少なくて済みます。

散粒容器入りで手軽に使用できて、散布後の野菜の汚れが少ないのもおすすめの理由です。

楽天の「ベストガード」取扱い店はこちら(クリック)

amazonの「ベストガード」取扱い店はこちら(クリック)




細菌病を治す薬剤

あめんこ

この薬剤は被害株に直接吹き付けるタイプの薬剤です。ハダニ以外の小害虫(コナジラミ・アブラムシ)にも効果があり、益虫への影響も少ないのでお勧めです。

ただし収穫直前の果実への薬害が出ることが稀にありますので、イチゴなどの表皮の薄い野菜の使用時には注意が必要です。

楽天の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)


     





野菜に発生する病気の種類へ戻る



     Tweet     はてなブックマークに追加