本文へスキップ

斑点細菌病

斑点細菌病の治療と対策

斑点細菌病の原因と対策は?斑点細菌病の症状の見分け方・予防と対策について。斑点細菌病はウリ科の野菜に良く発生する病気ですが他の野菜にも発生する細菌が原因で起こる病気です。斑点細菌病の防除や治療方法を画像を交えて分かりやすくレクチャーします。





斑点細菌病の症状の特徴と見分け方

斑点細菌病の対策斑点細菌病は、葉・茎・葉柄・果実に症状が現れる細菌が原因で起こる病気です。

初期症状は葉や茎に水が染みたような
淡い黄色の小さな斑点(針で突いた程度の大きさ)が現れて、次第に大きく褐色に変化していきます。

病斑は葉脈に沿って小病斑が合体しながら進行するので、見た目が
角張った不規則な大きな病斑になっていきます。

カビが原因の斑点病もありますが、斑点細菌病の病斑の周囲は
黄色く縁取りしたようになるのが特徴です。

葉の症状はべと病炭そ病に症状が似ていますが、斑点細菌病は葉に穴が空くことは稀です。斑点細菌病が発生しやすい野菜は

ゴーヤー・シシトウ・トウガラシ・ゴマ・エダマメ・キュウリ・ピーマン・レタス・カブ・ダイコン

などで多くの野菜に発生する病気です。






斑点細菌病を放っておくとどうなるの?

斑点細菌病(レタスの症状)斑点細菌病の症状と対策

斑点細菌病を治療せずに放っておくと、小病斑が繋がって拡大して大きくなっていきます。

病気が蔓延すると最後には、葉が腐敗したり最悪の場合は株が枯死したりします。

斑点細菌病で一番厄介なのは、原因菌となる細菌が灌水などによる泥の跳ね返りによって、他の株に次々と伝染して畑全体に病気が蔓延してしまうことなのです。




斑点細菌病が発生する期間は?

斑点細菌病(エダマメ)

斑点細菌病が発生する時期は?斑点細菌病が発生しやすい時期は4月~11月

夏の高温期(20~30℃)で多湿条件(水はけが悪く多灌水)が発生する要因です。28℃前後が一番原因菌が活発に活動します。高温多湿の環境になりやすいハウス栽培では特に注意が必要です。

発生期間も4月~11月と広いので、年間を通して対策をしておく必要があるやっかいな病気です。



斑点細菌病の発生条件(発病条件)と原因は?

斑点細菌病(シシトウの症状)

斑点細菌病の治し方土壌が高温(20℃以上)になると土中に残ってる残渣などで冬越した原因菌が繁殖をはじめます。

夏場の高温期に降雨や水やりなどで、細菌を含んだ泥の跳ね上がりが葉や茎の傷口に掛かると斑点細菌病に感染します。地上に出た細菌は風などで飛ばされて空気感染します。


斑点細菌病は種子伝染するため、病気に感染した種子や苗を持ち込むことでも感染してしまいます。土壌の排水が悪いと、水やり時の排水経路によって畑全体に細菌が拡がってしまいます。




斑点細菌病を防ぐための予防と対策は?

  • 畑の水はけを良くする。畑は高畝・プランターは鉢底石を底に入れる。
  • 水やりを控える。特に多雨時期は適度な灌水を心掛ける。
  • 種子感染を防ぐため消毒済みの種子があればそれを利用する。
  • 抵抗性のある接ぎ木苗を利用する。
  • 敷き藁やシルバーマルチで泥の跳ね返りを防ぐことが予防になります。
  • 葉が込み合っている時は風通しを良くするために摘葉する。
  • 作業に使用した道具は使用後に洗浄と天干し消毒をする。
  • 苗を切る作業は道具による感染を防ぐために降雨時には行わない。
  • 発病した野菜の残渣を土中に残すと菌の越冬場所となるので必ず処分する。




斑点細菌病を農薬を使わずに治療するには?

斑点細菌病の細菌は弱った株を集中的に狙ってきます。斑点細菌病が発症した葉は畑の外に持ち出して処分し、茎や葉柄に病気が発生した場合は枝ごと切り取りましょう。中途半端に残しても他の株に伝染してしまうだけです。


土壌が加湿になっている時は排水を良くして水やりを控えるようにします。病気の原因がハッキリしているので、土壌の改良に努めて再発防止をしっかりと行うことが大切です。植え付ける時は密植を避けて風通しを良くする事も病気の有効な対策です。


植え付け前に、堆肥・木炭・くん炭などを用土に混ぜ込んで土中のミネラルや有機物を土壌にしっかりと与えると土が活性化して良質な微生物が増えて細菌の増殖を最小限に抑えることが出来ます。





斑点細菌病が蔓延してしまったら

斑点細菌病が発生した後は、薬剤を使わずに土壌中から原因菌を完全に除去することはとても難しい病気です。

症状が株の下葉だけに現れた状態の時は薬剤を使用することも考えましょう。病気が株全体に広がってからだと、最悪の場合、原因菌が飛び散って他の株に伝染してしまうこともあります。手遅れにならない初期段階のうちに薬剤を使って治療するすることも検討しましょう。

マンションなどで数株だけ栽培している時は、株全体に病気が拡がってしまうと収穫までたどり着けないこともあります。その時も薬剤を利用することを検討してみましょう。

生育初期や収穫前の薬剤使用であれば、決められた量と決められた回数を守って使用すれば人体への影響は殆どありません。






おすすめの斑点細菌病治療薬は?

斑点細菌病に良く効く薬剤は?

サンボルドー

成分は水酸化第二銅(銅イオン)の殺菌効果を利用した薬剤で斑点細菌病をはじめ、細菌やカビが原因による病気に抜群の効果があります。

しかも毒性が低く、ミツバチやテントウムシなどの益虫には殆ど影響がありません。

楽天市場の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)





斑点細菌病に効果がある薬

コサイド3000

斑点細菌病の発症後にも効果がある薬剤です。銅イオンの殺菌効果を利用しているため、益虫への影響も心配ありません。

この薬剤は斑点細菌病以外にも菌やカビによる病気に使えるので症状が似ているべと病や炭そ病にも効くので、万が一病気を間違えても症状が回復してくれます。

発症前に散布する薬剤が多い中、発症後に効果のある薬剤が少ないのでこの薬剤は重宝します。

楽天の取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)



     





野菜に発生する病気の種類へ戻る




Tweet           はてなブックマークに追加