本文へスキップ

コールラビ病気

コールラビが掛かる病気の種類と対策(治療)

コールラビに良く発生する病気の症状と対策。病気を確実に治療するには早期発見が大切です。そのためにはコールラビの葉や茎・根の状態からどの病気に掛かっているか正しく判断しましょう。画像を交えて胡瓜が良く掛かる病気の予防・発生原因・治療対策について分かりやすく説明しています!





コールラビが掛かる病気の種類と症状

コールラビの病気の症状と対策コールラビはキャベツの仲間でアブラナ科の野菜。

コールラビは冷涼な気候を好みますが、キャベツよりは高温に強く病気と害虫に強く初心者向けの育てやすい野菜です。

コールラビは多湿と乾燥に弱い一面があり、排水や土壌の環境が悪いとカビが原因の病気が発生しやすくなります。


また、極度の乾燥や肥料切れは成長が悪くなり、病気の発生を助長してしまいます。有機質の多い水はけの良い土壌で差異ばすることが
病気の発生を抑制する最大のポイントになります。

コールラビに発生する病気でよく見かける症状は

葉が褐色になる・葉が萎れる・葉に白いカビが生える・葉に小さな黄色の斑点が出る・葉に穴が空く・株全体が萎れる・葉が枯れる・成長が悪いなどです。






コールラビが掛かる病気の種類は?

べと病葉に黄淡色の小さな斑点が出来て進行すると葉脈で区切られた黄色の角張った不整形な病斑に変わる。
青枯病の対策

苗立枯病コールラビの株全体が萎れはじめ、病気が進行すると株が枯れる
苗立枯病の対策




コールラビの病気の発生を防ぐための対策は?

コールラビは病気に強い野菜ですが、ベト病や幼苗期に苗立ち枯れ病が発生することがあります。病気の発生を予防するために、新しい清潔な用土を利用するようにしましょう。

コールラビはアブラナ科の野菜で、キャベツなどと同じように高温多湿を嫌います。梅雨や秋雨の時期で長雨が続くとカビが原因の病気に掛かりやすくなります。土壌の排水性が悪い時は多湿にならないように注意しましょう。

病気の発生を防ぐには畑の水はけを良くして用土は乾かし気味にします。少しの水分で菌が伝染するため、雨や水やり時に泥の跳ね返りがないように、ポリマルチやビニルシートで泥はねを予防しましょう。

     


野菜種類別の病気対策一覧ページへ






   Tweet   はてなブックマークに追加