本文へスキップ

カブ病気対策

カブの病気対策

カブに発生する病気の種類、その症状と対策。野菜の病気は早期発見が大切です。カブの葉や根・実の変色や変形からどの種類の病気に掛かっているか正しく判断しましょう。画像を交えてカブの病気の予防・治療法方法・原因について分かりやすく説明します!




カブが掛かる病気の要因と多い症状

カブの病気の種類や症状・病気の治療と対策カブはアブラナ科の野菜で、冷涼な気候を好む野菜です。気温が高く湿度が高い時期や強酸性土壌で栽培すると病気が発生しやすくなります。

。症状は葉・茎・根と株全体に現れるため油断が出来ません。病気を防ぐためには、適度な間引きと肥料の与えすぎに注意するのがポイント。

カブに発生する病気に多い症状は

葉が萎れる・株が萎れる・葉が枯れる・株が枯れる・葉が茶色くなる・根が割れる・茎に水染みが出来るなど。

カブが掛かる病気の種類は他のアブラナ科と似ていて発見は容易ですが、早期発見、早期治療を心がけましょう。






カブの黒腐病

カブの葉の縁に灰白色や黄白色のV字の病斑が発生。

カブの黒腐病症状発生しやすい時期:4~6月と9~11月

症状の特徴
:細菌による病気で進行するとV字の病斑が発生する。
発生条件梅雨や秋雨の時期に多い
治療方法
:薬剤での初期治療が有効。


黒腐病の詳しい治療法と対策はこちらから




カブが掛かるその他の病気の種類は?

萎黄病:カブの葉が小さくなったりねじれたようになったり奇形化する病気。
萎黄病の治療と対策


根こぶ病:カブの根にこぶが出来る。病気が進行すると成長が悪くなる病気。
根こぶ病の治療と対策


べと病:葉の一部に角張った褐色の病斑が発生する病気。
べと病の治療と対策

白さび病:カブの葉に白い斑点が出来る病気。
白さび病の治療と対策




カブの病気の発生を防ぐための対策は?

カブの病気の治療と予防対策まとめカブに発生する原因の多くは、カブの栽培に適していない環境で育てているという点につきます。

もともと冷涼な気候を好むカブは15℃~20℃が栽培適温。病気を防ぐためにカブに適した気候で育てましょう。

白さび病をはじめ、カビが原因で発生する病気を予防するには多湿の環境にならないようにすることが大切です。

そのために、葉が込み合わないように間引きをタイミングよく行って、株が込み合わないようにしたり水はけの良い土壌で育てたり多湿にならない工夫をしてやりましょう。


       






野菜種類別の病気対策トップページに戻る


Tweet             はてなブックマークに追加