本文へスキップ

黒腐病

黒腐病の治療と対策

黒腐病の見分け方や原因と治し方は?黒腐病は最近による病気で葉の縁に灰白色の病斑が現れます。黒腐病の症状や予防対策などを画像を交えて分かりやすくレクチャーします。





黒腐病の症状と見分け方

黒腐病の症状と対策黒腐病は細菌によって引き起こされる病気で症状は葉の外側から徐々に現れます。黒腐病の菌が株に侵入すると数日で発病してしまいます。

病斑は、まずは縁近く(外葉側)に
灰白色から黄白色掛かった小さな病斑が出来始めて、病状が進むと次第にVの字または不整形を描くように葉全体に拡がっていきます。見た目は枯れたように見えるのでしっかりと見極めましょう。

菌は自力で植物内に入ることは出来ず、外的要因
風や雨(灌水)などによって運ばれて株に付着して繁殖します。

黒腐病が発生しやすい野菜の種類は

ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ・カブなどアブラナ科の野菜によく発生します。特に早生種が掛かりやすい傾向にあります。






黒腐病を放っておくとどうなるの?

黒腐病を治療せずに放っておくと葉脈に沿って灰白色の病斑が葉っぱ全体に拡がり最後は枯死します。

黒腐病は幼苗にも発生して株全体が数日で枯死することがあります。




黒腐病が発生する期間は?

ブロッコリーの黒腐病の症状発生が多い時期は5月と9〜10月頃

梅雨が始まる頃から黒腐病の本格的な発病が始まりますが、気温が上がる夏には発病が一度が収まります。秋口になって気温が下がると再び病気の発生が活発になります。

黒腐病は低温で
多湿の期間(梅雨時期や秋雨時期)によく発生する病気です。




黒腐病の発生条件(発病条件)と原因は?

カブの黒腐病症状黒腐病は、水はけが悪い土壌で野菜を育てている、窒素分の多い肥料を与えて苗が軟弱化して傷がつきやすくなっている、高温多湿の気候が続いているなどが発症の原因です。

病原細菌は被害を受けた株の茎や葉、根の残渣(収穫後の株)が畑に残っていると、そこに付着して土中で生存し続けます。

また、感染した株から取れる種子に菌が付着してしまうと翌年春の苗床で発生する原因となります。

土中で生存している細菌が降雨や灌水時の土の跳ね返りなどによって地際付近の葉や茎に運ばれて
葉の傷口などから侵入します。




黒腐病を防ぐための予防と対策は?

  • 土壌水分が多いと菌が繁殖しやすいので排水の良い土壌を心掛ける。
  • 発病した株は早急に抜き取り処分して黒腐病の蔓延を防止しましょう。。
  • 発病した株の残渣は必ず畑の外に持ち出して処分しましょう。
  • アブラナ科の連作を避けてイネ科やマメ科の植物と輪作する。
  • 黒腐病に強い耐病性の接ぎ木苗を利用する。
  • 畑栽培は高畝にしてプランターの場合は排水の良い用土を利用する。
  • 肥料切れにならないように注意しましょう。
  • 早朝露が付いている時や雨天時は収穫をしない。
  • 農作業時に使用する道具は使用する度に洗浄または消毒する。
  • 害虫によって株の傷口から菌が侵入するので害虫駆除はしっかりと行う。




黒腐病を農薬を使わずに治療するには?

すでに黒腐病にかかってしまった株を薬剤を使わずに治療するのは困難なので、黒腐病が発生した株ごと抜き取って処分しましょう。

その後、他の株からの発生を抑制する為に、溝を掘ったり高畝にしたりなど水はけの良い環境を整えて黒腐病の再発を防ぎます。

プランター栽培の場合は用土を太陽熱消毒を行う事も有効です。用土を何度もひっくり返しながら用土全体に太陽光を充てることで、ある程度の菌を除去することが出来て原因菌の発生を抑制することが出来ます。

黒腐病が発生した後や株全体に広がってしまった時は、薬剤治療をするしか手立てはありません。つまり、薬剤を使用したくない場合は、
黒腐病に掛かりにくい畑を植え付け前に作っておくことが大切なのです。





黒腐病が蔓延してしまったら

黒腐病は畑全体に広がってしまう前に早めに対策を行うのが一番ですが、処置が遅れてしまって病気が蔓延してしまった時は、効果が見込める薬剤を利用することを考えましょう。

特にマンションなどで数株だけ栽培している時は、
株ごと抜き取る事が出来ないことが多いので、その時も薬剤を利用することを検討しましょう。

生育初期や収穫前の薬剤使用であれば、決められた量と決められた回数を守って使用すれば
人体への影響は殆どありません。






おすすめの黒腐病治療薬は?

黒腐病に良く効く薬剤は?

Zボルドー水和剤

黒腐病の予防効果がある薬剤
で、本剤に含まれる銅・亜鉛・マグネシウムは作物にとって必須の微量要素です。ポジティブリスト制度において「人の健康を損なうおそれのないことが明らかな65物質」として「対象外物質」に指定されています。

日本農林規格(JAS)の有機農産物栽培においても使用することができる薬剤で、500~1000倍に薄めて使うのでとても経済的です。

黒腐病以外にも細菌が原因の病気に広く効果を発揮します。

楽天のZボルドー取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonのZボルドー取り扱いショップはこちら(クリック)





黒腐病に効く薬剤

コサイド3000

黒腐病には一番おススメの薬剤で発症後にも効果があります。銅イオンの殺菌効果を利用しているため
益虫への影響も心配ありません。

この薬剤は軟腐病以外にも菌やカビによる病気にも使えるのでとても
経済的です。

軟腐病は発症前に散布する薬剤が殆どで、
発症後に効果のある薬剤が殆ど出回っていないのでこの薬剤はとても貴重です。

楽天の取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)




      





野菜に発生する病気の種類へ戻る




Tweet              はてなブックマークに追加