本文へスキップ

スイカ病気対策

スイカが掛かる病気と治し方

スイカに良く発生する病気の症状と対策。病気を確実に治療するには早期発見が大切です。そのためにはスイカの葉や茎・根の状態からどの病気に掛かっているか正しく判断しましょう。画像を交えて胡瓜が良く掛かる病気の予防・発生原因・治療対策について分かりやすく説明しています!





スイカが掛かる病気の種類と症状


スイカの病気の症状と対策スイカはウリ科の野菜で、通気性と排水性の高い土壌かつ日当たりが良い場所で育てることが病気を防ぐコツです。

ただし、乾燥に弱い性質をしているので、夏場以降の気温が高くなる時期は水やりをしっかりと行うようにしましょう。


スイカが
病気になりやすい時期は、梅雨の長雨が続く時期で、高温で多湿の条件が長く続くとカビが原因の病気に掛かりやすくなります。

スイカに発生する病気でよく見かける症状は

葉が褐色になる・白い粉が葺いた様になる・葉が萎れる・葉に白いカビが生える・葉に小さな黄色の斑点が出る・葉にモザイク模様が出来る・根が腐る・葉に穴が空く・苗が枯れる・苗が萎れる・株全体が萎れる・葉が枯れる・成長が悪いなど症状は多岐に渡ります。





スイカの苗立ち枯れ病

スイカの苗が萎れて株全体が枯れる。苗が立ったまま枯れてしまう病気。


スイカの苗が萎れる枯れる病気発生しやすい時期:5~6月

症状の特徴
:土中にいるカビが原因の病気。地際部の茎が褐色になって腐り、細くくびれる。進行すると株全体が萎れ、最後は枯れてしまいます。

発生条件
:梅雨時期の高温多湿の環境で苗を育てると発生しやすい。

治療方法:薬剤での治療が可能。伝染するので発病した株はポリポットごと処分すること。

苗立ち枯れ病の詳しい治療法と対策はこちらから



スイカのつる枯れ病

スイカの葉の縁に薄褐色で不整形の病斑が出来る病気。


葉の縁に褐色で不整形の病斑が出る病気発生しやすい時期:6~7月

症状の特徴
:初期は水染みに似た病斑が出来る。進行すると不整形の灰褐色の病斑に変わりる。枯れた葉には黒粒があり、葉の淵に症状が出るのが特徴。末期は株が枯れます。

発生条件
:梅雨明け時期や株が衰える頃に多発する傾向があります。

治療方法:早期発見すれば薬剤による治療が可能。

つる枯れ病の詳しい治療法と対策はこちらから



スイカのつる割病

スイカの株が昼に萎れて夜に回復を繰り返す。進行すると萎れたままになる。


株が昼間は萎れるが夜に回復する「つる割れ病」発生しやすい時期:6~7月

症状の特徴
:株全体が昼間は萎れて夜に回復することを繰り返し、病気が進行すると夜も回復しなくなって最後は枯れてしまう。

発生条件:ウリ科の野菜の連作障害で病気が発生しやすくなります。

治療方法
:薬剤による治療のみ可能。
つる割病の詳しい治療法と対策はこちらから



スイカが掛かるその他の病気の種類は?

疫病

スイカの茎・葉・果実に黄褐色の病斑が出る。病気が進行すると病斑にうっすらとした白色のカビが生えます。
疫病の対策

菌核病

菌核病の症状はスイカの葉や茎が水に染みたような病斑が出来て軟化してうっすらカビのようなものが生える病気。
菌核病の詳しい対策

緑斑モザイク病

葉にモザイク模様の病斑が出る
モザイク病の対策

炭そ病

葉に円形で縁が褐色(灰白色)の病斑が現れて、中央部の色が薄くなる。進行すると黒い粒々が現れます。
炭そ病の対策




スイカの病気の発生を防ぐための対策は?


スイカは、高畝にして水はけを良くし、有機肥料(堆肥)を多めに施して風通しの良い日当たりの良い場所で育てることが病気の発生を防ぐポイントです。

スイカの弦は地面を這うように広がって育ちます。病原菌は葉や茎の傷ついた箇所から侵入しますので、敷き藁やシートを敷いて病気の感染を防ぐようにしましょう。

スイカは多湿を大変嫌います。土壌の排水性が悪い畑は注意が必要です。水はけが悪い土壌でスイカを育てている場合、長期間雨が続くと、カビによる病気が多発します。特に梅雨時期の雨が続いた時期は水やりを控えるなど工夫しましょう。

初心者は病気に強い抵抗性のある接ぎ木苗を利用すると病気の発生をある程度防ぐことが出来ます。

     


野菜種類別の病気対策一覧ページへ






    Tweet    はてなブックマークに追加