本文へスキップ

サツマイモ病気

サツマイモが掛かる病気の種類と対策(治療)

サツマイモに良く発生する病気の症状と対策。病気を確実に治療するには早期発見が大切です。そのためにはサツマイモの葉や茎・根の状態からどの病気に掛かっているか正しく判断しましょう。画像を交えて胡瓜が良く掛かる病気の予防・発生原因・治療対策について分かりやすく説明しています!





サツマイモが掛かる病気の種類と症状

サツマイモの病気の症状と対策サツマイモは丈夫で育てやすい野菜ですが、生育する時に日照と気温が十分ないと病気が発生してしまいます。特にベランダ菜園では日照時間が少なくなる傾向があるので注意しましょう。

サツマイモは生育が旺盛になると葉と弦が生い茂るため、病気を見つけるのが困難になります。定期的に葉の裏や隠れた茎の状態を隅々までチェックして病気の早期発見を心がけましょう。

サツマイモは丈夫な野菜で病気に掛かることはまれなので、病気が発生する時は畑の状態がかなり悪いと言えます。 薩摩芋の病気を防ぐためには、日当たりが良く水はけの良い土壌で育てることが病気の発生を予防するコツです。

サツマイモに発生する病気でよく見かける症状は

葉が褐色になる・葉が茶褐色になる・株が枯れる・葉に穴が空く・株全体が萎れる・葉が枯れる・成長が悪いなどです。






サツマイモが掛かる病気の種類は?

立ち枯れ病急激に生育が衰えはじめたり日中に株全体が萎れたりする。早期発見すれば薬剤での治療が可能。
立ち枯れ病の対策と治療

つる割れ病気温が高くなる時期に苗が日中に萎れ夜間に回復することを繰り返し最後は株が枯れる。早期発見すれば薬剤での治療が可能。
つる割れ病の対策と治療





サツマイモの病気の発生を防ぐための対策は?


サツマイモが掛かる病気サツマイモは水はけと日当たりの良い土壌で育てることが病気の発生を防ぐコツです。

サツマイモは連作に強く痩せた土地でも育つほど強い野菜で、病気になることはまれです。万が一、病気が発生した時は病斑部分を切り取るか株ごと抜き取ってしまいましょう。

サツマイモを栽培していると芋が大きくならないことがありますが、これは病気ではなく水はけが悪いことが原因の場合が大半です。用土には砂を多めに混ぜるなどしましょう。

     


野菜種類別の病気対策一覧ページへ






   Tweet   はてなブックマークに追加