本文へスキップ

マクワウリ病気対策

マクワウリが掛かる病気と治し方

マクワウリに良く発生する病気の症状と対策。病気を確実に治療するには早期発見が大切です。そのためにはマクワウリの葉や茎・根の状態からどの病気に掛かっているか正しく判断しましょう。画像を交えて胡瓜が良く掛かる病気の予防・発生原因・治療対策について分かりやすく説明しています!




マクワウリが掛かる病気の種類と症状


マクワウリの病気の症状と対策マクワウリは水はけの良い土壌を好み十分な温度と光量を必要とするウリ科の野菜です。

水はけの良い環境を好みますが乾燥にはめっぽう弱い性質なので、気温が高く乾燥が続く夏場は水やりを多めするなど乾燥を防ぐことが
病気の発生を抑制するポイント

マクワウリが
掛かる病気の多くは伝染性があります。病気が発病した畑では連作を避け、他の株に伝染しないよう早期発見を心がけ発病株の早期治療に心掛けましょう。

マクワウリに発生する病気でよく見かける症状は

葉が褐色になる・うどん粉の様な白い粉がふく・葉が萎れる・葉に白いカビが生える・葉に黄色の小斑点が出る・根が腐る・葉に穴が空く・株が萎れる・株が枯れる・葉が枯れる・株の成長が悪い

などで、これらの症状が現れた時は病気を疑いましょう。





マクワウリのうどん粉病

マクワウリの葉に白いうどん粉をまぶした様な斑点が出る病気。病気が進行すると株全体に拡がる。


マクワウリの葉に白い粉の様な斑点が出来る病気発生しやすい時期:6~8月

症状の特徴
:カビが原因の病気。初期症状はは小さな白色の斑点、進行すると次第に数が増えて株全体に拡がっていく。

発生条件
:気温が低く乾燥した状態が続くと発生しやすくなる。

治療方法:薬剤での治療が可能。

うどん病の詳しい治療法と対策はこちらから



マクワウリのつる割病

マクワウリの株が昼に萎れて夜に回復することを繰り返す。病気が進行すると萎れたままで最後は株ごと枯れる。


株が昼間は萎れるが夜に回復する「つる割れ病」発生しやすい時期:6~7月

症状の特徴
:株全体が日中は萎れて夜には回復する状態を繰り返す。病気が進行すると夜も回復しなくなる。

発生条件:ウリ科の野菜の連作障害

治療方法
:薬剤による治療が可能。
つる割病の詳しい治療法と対策はこちらから



マクワウリの斑点細菌病

胡瓜の葉に薄黄色の病斑が現れる病気・病気が進行すると角張った大きな褐色の病斑に変わる。


胡瓜の葉に水で染みたような病斑が淡い黄色の病斑になって拡がる斑点細菌病発生しやすい時期:6~8月

症状の特徴
:症状は葉・茎・葉柄・果実に出る。初期は葉に水が染みた様な病斑が現れて、病気が進行すると褐色になる。

発生条件:夏の高温期(20~30℃)で土壌が多湿になると多発します。

治療方法:薬剤による治療が可能。
斑点細菌病の詳しい治療法と対策はこちらから



マクワウリのべと病

マクワウリの葉に薄黄色の小病斑が現れる・葉裏にすす状で白色のカビが生える病気


きゅうりの葉に黄色の不規則な病斑が出る「べと病」発生しやすい時期:5~8月

症状の特徴
:カビが原因で起こる病気で、葉に淡い黄色の小さな病斑が現れ、次第に葉脈に沿って角張った紋斑に変わる。

発生条件:気温が低く多湿になると発生しやすい。

治療方法:薬剤による治療が可能。
べと病の詳しい治療法と対策はこちらから



マクワウリが掛かるその他の病気の種類は?

マクワウリのモザイク病
害虫の吸汁によって引き起こされるウイルス性の病気。葉にモザイク模様の病斑が出るのが特徴。治療薬がない野菜の不治の病と言われています。

モザイク病の対策

マクワウリの黒点根腐れ病
カビによる土壌障害。収穫時期に発生しやすく、株が日中萎れ夜に回復することを繰り返しながら最後は枯死します。

根腐れ病の対策

マクワウリのつる枯病
カビが原因の病気です。葉の一部が褐色になり黒い粒が現れる病気。致命的な被害になることは稀です。
つる枯病の対策




マクワウリの病気の発生を防ぐための対策は?


マクワウリの病気の治療と予防対策まとめマクワウリの病気の発生を予防するには、有機肥料(堆肥)を多めにしっかりと施して、畑を良く耕して通気性と排水性の良い高畝の土壌で育てることが病気を防ぐポイントです。

マクワウリの病気には伝染性があるものが多く、同じ畑で連作する場合は抵抗性接ぎ木を利用しましょう。接ぎ木苗なら土壌病害を防ぐことが出来るため病気の発生を大幅に抑えることが出来ます。

マクワウリは高温多湿を嫌う野菜です。特に夏場の水やりは毎日夕刻に行いますが、排水性が悪い土壌では多湿にならないよう水量調節が必要です。

水はけが悪い土壌で育てる場合は、雨が多い時期にカビによる病気が発生しやすくなるので注意が必要です。

他の株への病気の感染を防ぐために密植を避け株元の葉を定期的に切り取って風通しを良くしましょう。

     


野菜種類別の病気対策一覧ページへ





     はてなブックマークに追加     Tweet