本文へスキップ

ハモグリバエ

ハモグリバエの駆除と対策

ハモグリバエの正しい駆除方法と防除対策。ハモグリバエは何故発生するのか。ハモグリバエはあらゆる野菜に発生する虫で葉を吸汁し加害します。ここではハモグリバエの駆除の仕方と発生の予防・対策を分かりやすくレクチャーします。




ハモグリバエの見た目の特徴や生態と被害(食害跡)

ハモグリバエの食害跡、被害跡ハモグリバエはハエの仲間であらゆる野菜に発生する成虫の体長が約2mmのハエ目の害虫です。

ハモグリバエの種類には、ナモグリバエ・ナスノハモグリバエ・ネギハモグリバエ・マメハモグリバエ・トマトハモグリバエ・アシグロモグリバエなどがいます。

ハモグリバエの食害跡の特徴ですが、産卵箇所は葉の表面に白い点が現れ、幼虫が葉の中をトンネル状に食い進んだ箇所は白い筋模様が現れます。

ハモグリバエの幼虫が食い進んだ部分は絵を描いたように見えることから、別名「エカキムシ」とも呼ばれています。

ハモグリバエの中でもマメハモグリバエ・トマトハモグリバエ・アシグロモグリバエなど海外から来た種類は駆除剤への抵抗があるので少し厄介です。




ハモグリバエを放っておくと野菜はどうなるの?

ナモグリバエハモグリバエを駆除せずにそのまま放っておくと、いずれ葉全体が食害を受けてしまって葉の光合成が阻害され野菜は生育不良になってしまいます。

ただし幼苗期以外は、ハモグリバエの発生が少数であればそれほど大きな被害にはなりません。



トマトハモグリバエハモグリバエは天敵となるヒメコバチやコマユバチがいると発生をある程度抑制することが出来ます。天敵であるヒメコバチ類はハモグリバエの幼虫に寄生する小さなハチです。

殺虫剤を多用し過ぎて天敵(ヒメコバチ・コマユバチ)が減ってしまうと多発してしまいます。



ハモグリバエが発生する時期は?

ハモグリバエが発生したらどうなる?発生時期は5月~10月頃

冬は卵で越冬し春になって暖かくなると発生し始めて晩秋になるまで何度も発生し続けます。

薬剤の多用によって益虫が減った畑や高温乾燥した夏場の畑ではハモグリバエが発生しやすくなります。




ハモグリバエが発生する原因は?

トマトハモグリバエの特徴ハモグリバエはどの野菜にも寄生する害虫で、周辺の植物や他の菜園から次々と飛来してきますが、普段は天敵がやっつけてくれるので被害は少ない。

夏場に気温が上り土壌が乾燥すると益虫が減ってしまってハモグリバエの被害を受けやすく状態になります。

また、益虫も駆除してしまう害虫駆除剤を使用して益虫が減らしてしまうことでも多発の原因になります。




ハモグリバエに被害に遭わない為の予防と対策は?

  • 益虫を駆除する強い薬剤は利用しない。
  • マルチシートは高温期前(6月初)に取り除き敷き藁に変える。
  • マルチを撤去した後は乾燥を防ぐために敷き藁などを敷くと良い
  • 植え付け時にベストガードなど駆除剤を散布しておく。
  • 背の低い野菜は目の細かい(0.8mm以下)防虫ネットをトンネル掛けする。
  • 成虫の飛来を防ぐために野菜の周辺に防虫ネットを立てる。




ハモグリバエを殺虫剤を使わずに駆除するには?

ハモグリバエは早期発見すれば被害は最小限で食い止めることが出来ます。慣れてくると産卵跡を見つけることが出来るので、発見次第産卵箇所を挟んで潰してしまいましょう。

万が一卵を孵化させてしまった時は、食害跡である白い筋の先の表皮を破ると中から1~2㎜ほどの幼虫が出てきますので潰してしまいます。

ハモグリバエは黄色に集まる習性があるので市販の「黄色粘着板」などを利用して、卵を産み付ける前に成虫を駆除してしまいましょう。


ハモグリバエを捕獲する道具

黄色粘着板

粘着シートで捕獲するので薬剤の心配はありません。ハモグリバエ類だけでなく、アブラムシ類やコナジラミ類にも効果があります。

黄色に集まる性質を利用した製品で、雨が降っても粘着力が落ちないので約2~3か月間も効果が持続します。


楽天の売れ筋ランキングはこちらから
amazonの売れ筋ランキングはこちらから





ハモグリバエが大量発生した時の対処方法

ハモグリバエは自分の畑やプランターだけを駆除しても近所から次々と飛来してくるので完全に対策することは出来ません。春先の野菜(特に豆類)にハモグリバエが多発した時は収穫量に大きな影響が出るので多発した時は薬剤の散布を検討しましょう。

薬剤は発生後に使用するものと植え付け前に使用するものがあります。天敵に影響の少ない当該の野菜と害虫に効果のあるものを使用することが大切です。

殺虫剤は・・・という方もいるかも知れませんが、生育の初期段階や収穫前の薬剤使用で決められた量と決められた回数を守れば人体への影響は殆どありません。

慣れないうちは無理をせず、野菜に影響の少ない初期段階での薬剤の利用を検討してみる事も大切です。






おすすめのハモグリバエ駆除剤は?

ハモグリバエ駆除剤プレバソンフロアブル

ハモグリバエだけでなく他のハエ目やチョウ目にも効果があり、既存殺虫剤の抵抗性害虫に高い効果を発揮し益虫への影響が少ないのが特徴です。

灌注処理だと4週間以上、散布処理で2週間以上効果が持続。灌注処理すれば植え付け後の殺虫剤散布を省略できます。

楽天市場の取り扱い店一覧はこちら(クリック)

amazonの取り扱い店一覧はこちら(クリック)





ハモグリバエに良く効く殺虫剤ベストガード(粒剤)

一番おススメの薬剤です。

ハモグリバエ以外にも吸汁する害虫の多くに効果があります。発生前の害虫予防に使えて発生してから使えます。残効性で1か月~2か月ほど効果が持続するので使用回数が少なくて済みます。

散粒容器入りなので手軽に使用できますし、散布後の野菜の汚れが少ないのもおすすめできる理由です。

楽天市場の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)


     





野菜に発生する害虫の種類へ戻る


Tweet        はてなブックマークに追加