本文へスキップ

野菜病気原因

野菜が病気になる原因は?

野菜の病気が発生する原因とは?病気にならない野菜つくりを目指しましょう!野菜の病気は複数の要因が重なって発生します。病気は薬剤を使えば治るものもありますが、出来れば薬剤を使うことは避けたいという方は多いでしょう。





野菜に病気が発生するメカニズム

野菜の病気の発生原因は?野菜を育ててもうすぐ収穫というところで病気に掛かって、せっかくの苗が枯れたり萎れたりしてしまったら、とても残念なことです。

このページで野菜が病気になる原因を突き止め、野菜が病気に掛からないように未然に病気の発生を防ぐ方法を学んでいきましょう。






野菜の病気は大きく分けると原因は4つに分類される。

野菜の病気の分類野菜の病気の種類は非常にたくさんありますが、大きく分けると4つの原因に分類できます。

1つ目はウイルスが原因で起こる病気、2つ目はファイトプラズマが原因で発生する病気、3つ目は細菌が原因で発生する病気、4つ目はカビ(糸状菌)が原因で発生する病気です。

野菜の病気とはこれらの病原体が原因で生育が妨げられている状態のことで、病気の症状が現れた時は、すでに病気は進行中の状態です。

また、野菜の病名は単にその症状を表しているだけで、例えば、葉にモザイク模様が出る病気をから「モザイク病」と呼びますが、これはウイルスが原因で起こるウイルス病の一種です。従って治療方法は他のウイルス病とほぼ同じです。

このように病名が違っても、その病気がどの病原体(ウイルス・ファイトプラズマ・細菌・カビ)で発生したのかを見極めることで、病気の治療法が簡単に見極めらるようになります。





野菜の病気が発生する条件とは?

野菜も人間同様に生育条件が悪いと病気になってしまいます。では生育条件が悪いとは具体的にどのようなことを言うのか見ていきましょう。

・病原菌(病原体)がいる→「主因」
・病気になりやすい野菜の性質上の問題がある→「素因」
・病気が起こりやすい環境がある→「誘因」

野菜の病気が発生しやすい条件とは?野菜の病気が発生する条件はこの3つですが、一つの条件が大きくなっただけでは病気は発生しません。


実は上記の発生条件が3つ重なった時にだけ野菜に病気が発生するのです。このことをしっかり覚えておきましょう。

自然界には病原菌(病原体)がどこにでも存在しており、病原菌(病原体)をすべて取り除くことは現実的に不可能です。

仮に、自分の畑の病原菌(病原体)全て取り除いても、隣の畑や近辺の雑草地の病原菌(病原体)が残っていればそこから運ばれてしまいますし、プランター栽培だったとしても、鳥や昆虫などの小動物によって知らないうちに運ばれてきます。

先ほども書いたように自然界には多くの病原菌(病原体)が存在しているにも関わらず、自生する植物が病気にかからないのは何故なのでしょう?これは生態系のバランスが取れた場所では、多くの生物が関わりあって共生しているため、特定の病原菌(病原体)が突出することがないためです。

病気の発生を防ぐ基本は、3つの条件が揃わないように人為的に管理すること。病気を未然に防ぐ環境つくり、病気が発生しても被害が拡大しない環境つくり、これらの作業をこまめに行うことが肝心です。



野菜の病気発生を抑制するには?

野菜の病気を防ぐ方法とは?ここから先は、具体的に病気の発生を抑制する方法について詳しく説明していきます。

野菜の病気の発生を減らすためには、植え付け前に防除策(病気対策)を考えて、しっかり準備することが大切です。


1.各野菜に適した環境つくり

日当たりや排水性が悪い・気候が合わない地域で栽培しても野菜は上手く育ちません。被害を受けやすい環境はそれだけで病気の発生条件が整っていると言えます。仮に収穫までたどり着いても収穫量は少なく、連作をすると環境はさらに悪化して生育は悪くなる一方です。

また、種をまく時期や苗を植える時期も大事です。その野菜に合った植え付け適期を守らないと病気に侵されやすい軟弱な株に育ってしまいます。

2.丈夫な種と苗から育てる

栽培する野菜の種や苗が病気に掛かっていたら初めから失敗したようなもの。病気にかかった種や苗を植える時点で畑に病原菌(病原体)を持ち込んでいることになります。

最近は病原菌(病原体)に強い「抵抗性品種」や病気に強い抵抗性のある「接ぎ木苗」が多く出回っているので、これらを利用することで病気の発生を大幅に防ぐことが出来るでしょう。

3.予防を心がける

どれだけ畑の管理を徹底していても、病気にかかりやすい品種や発生しやすい環境があるといつ病気が発生するかわかりません。病気になると野菜は数日で状態が変化してしまいます。早期発見、早期治療を心がけましょう。





野菜の病気の発生まとめ

病気にならない野菜つくりのコツまとめ野菜に病気が発生する原因は、主因(病原体)・素因(野菜そのもの)・誘因(病気になりやすい環境)の3つ全てが合わさった時です。病気の発生を抑制するためには、3つの要因が重ならない環境を未然に作ることが大切。


     






野菜の病気対策と害虫対策 Guide Book




   Tweet   はてなブックマークに追加