本文へスキップ

灰星病

灰星病の治療と対策

灰星病の見分け方や原因と治療法は?灰星病はマメ科の野菜に良く発生する病気です。灰星病の治し方や予防対策などを画像を交えて分かりやすくレクチャーします。




灰星病の症状の特徴と見分け方

灰星病の症状と見分け方灰星病(はいほしびょう)はカビによる病気でマメ科の野菜や果樹に良く発生します。

灰星病の初期症状は、葉に灰白色の不規則な斑点が現れて、やがて病斑は葉全体に拡大、最後は黄淡色の大きな病斑になる病気です。

内部に黒色の斑点が出来ることと葉の健康な部分と病斑が出ている部分とではっきりと分かれるのも灰星病の特徴。

新梢では病斑からヤニが出て、それより上部が枯死することがあります。






灰星病を放っておくとどうなるの?

灰星病を治療せずに放っておくと、発病部分はやがて干からびて除去しない限りいつまでも残ります。被害が広がったまま放置すると野菜の生育が悪くなったり葉や茎が奇形になったりします。

登頂付近の果実が灰星病にかかった時はそれより先が枯死することもあります。




灰星病の発生時期は?

灰星病の発生条件と発生しやすい期間灰星病の発生が多い時期は6月~8月

梅雨が始まる6月頃から発病が始まり、気温が上がって湿度が下がる8月頃まで発生します。

灰星病は多湿の状態が続くと発生しやすくなり、特に水はけの悪い土壌で発病します。




灰星病の発生条件(発病条件)と原因は?

灰星病はカビによる病気で一度発病した畑では再発します。感染源は古い株や果実を処分していない事でカビが冬越しして春に胞子が繁殖して新苗に付着することが原因です。

土壌が多湿状態の時にカビが活性化するので畑やプランターの水はけが悪い事も原因です。また、収穫時の際に利用したハサミやナイフなどを通じて発病した株から健康な株へ感染します。

灰星病が発生する原因は、水はけが悪い土壌で育てている、以前に植えた野菜の処分を適切にしていない、高温多湿の気候が続いているなどです。




灰星病を防ぐ予防と対策は?

  • 発病した葉や果実は早急に処分して灰星病の蔓延を防止しましょう。。
  • 畑を高畝にして水はけを良くしてやりましょう。
  • 病気に強い耐病性品種を利用しましょう。
  • 密植を避け摘葉を行い風通しを良くし適度な湿度を保つように心掛ける。
  • 収穫時に利用するハサミやナイフは使用の度に消毒する。
  • 害虫によっても菌が侵入するので害虫駆除をしっかりと行いましょう。




灰星病を農薬を使わずに治療するには?

一旦灰星病にかかってしまったら薬剤を使わずに治療するのは難しいのですが、灰星病が発生した葉を畑から持ち出して焼却処分しましょう。その後、他の株からの蔓延を抑制する為に水はけの良い環境を整えて再発を防ぎます。

灰星病が畑全体に広がってしまった時は薬剤治療をするしか手立てはありません。薬剤を使用したくない方は、灰星病に掛かりにくい畑環境を作っておくことが大切です。





灰星病が蔓延してしまったら

灰星病は畑全体に広がってしまう前に早急に対策を行うのがベストです。万が一処置が遅れてしまい病気を蔓延させてしまった時は効果が見込める薬剤を利用することも考えましょう。

生育初期や収穫前の薬剤使用であれば、決められた量と決められた回数を守って使用すれば人体への影響は殆どありません。






おすすめの灰星病治療薬は?

灰星病に良く効く薬剤は?

オーソサイド水和剤80

多種のカビに効果がある薬剤です。特効性がありますが薬害が低いので幼苗期や収穫前の果実の散布にも有効です。水生生物や益虫に対する影響はほとんどありません。

散布剤としての用途のほか、種子消毒・土壌灌注などにも使用できるので、灰星病以外にも腐敗病や苗立枯病などの土壌病害に優れた効力があります。

楽天の取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)





灰星病に効果がある薬剤

ダコニール

灰星病におススメの薬剤です。
この薬剤はカビが原因の病気に効果抜群で、灰星病以外にも使用出来るからとても経済的です。

耐雨性と耐光性にも優れている残効性タイプなので、完治までの使用回数が少なくて済み薬剤の残留性は低めです。

フロアブルタイプ(希釈タイプ)なので、必要な量だけを作れますし、散布後の野菜の汚れが少ないのもおすすめできる理由。


楽天の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)



     





野菜に発生する病気の種類一覧へ戻る


Tweet           はてなブックマークに追加